金沢星稜大学 教員情報   
   TOPページ   


  イナハラ ヤスヘイ
  稲原 泰平   金沢星稜大学 経済学部一部   教授
■ 科研費研究者番号
  20308571
■ メールアドレス
   inahara@seiryo-u.ac.jp
■ ホームページ
  http://www.kiwinet.seiryo-u.ac.jp/~inahara/index.html
■ 学歴
1. 1976/04~1979/03 慶應義塾大学 法学研究科
■ 現在の研究課題
1. 1974/04~  国際法の強行規範  (キーワード:強行法)
■ 職歴
1. 1998/04~2001/03 金沢星稜大学 経済学部 助教授
2. 2001/04~ 金沢星稜大学 経済学部 教授
■ 著書・論文歴
1. 【著書】  国際法と紛争解決論  (単著)  2013/01
2. 【その他】  尖閣諸島問題と国際法  (単著)  2013/01
3. 【その他】  ドイツ語文献に観る国際経済法の描写手法  (単著)  2012/01
4. 【その他】  国際法上の等価交換則の顕在化(其のⅡ)  (単著)  2011/01
5. 【論文】  米中共同声明(2009.11.17)と国際法  (単著)  2010/03
6. 【論文】  ドミニク=キャローの『国際法(第8版)』 ― その翻訳④ ―  (単著)  2010/02
7. 【論文】  国際法上の等価交換則の顕在化  (単著)  2009/12
8. 【論文】  日本の海賊対処法案(2009.3.13閣議決定)と国際法  (単著)  2009/07
9. 【論文】  海洋基本法(2007.7.20施行)と国際法  (単著)  2009/03
10. 【論文】  宇宙基本法(2008.8.27施行)の国際法上の意義  (単著)  2008/12
11. 【論文】  三浦和義のサイパンでの逮捕(2008.2.22)と国際法  (単著)  2008/07
12. 【論文】  日本のアジア的特徴と国際法  (単著)  2008/03
13. 【論文】  ドミニク=キャローの『国際法(第8版)』 ー 其の翻訳③ ―  (単著)  2007/12
14. 【論文】  euの第6次拡大(2007.1.1)と国際法  (単著)  2007/12
15. 【論文】  6カ国協議(2003.8.27~2007.3.22)と国際法  (単著)  2007/07
16. 【論文】  ホーベの『国際法入門(第8版)』 ― 其の翻訳①pp.1~24/pp.615 ―  (単著)  2007/03
17. 【論文】  上海協力機構の国際法上の意義  (単著)  2007/03
18. 【論文】  NATOの国際法上の地位の変遷  (単著)  2006/12
19. 【論文】  ドミニク=キャローの『国際法(第8版)』 - 其の翻訳② -  (単著)  2006/12
20. 【論文】  国際法(2)  (単著)  2005/07
21. 【論文】  アジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP;2005.4.28)  (単著)  2005/12
22. 【論文】  ドミニク=キャローの『国際法(第8版)』 ― その翻訳① ―  (単著)  2005/12
23. 【論文】  中国による東シナ海油田・ガス田開発と国際法  (単著)  2006/03
24. 【論文】  アジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP;2005.4.28)と国際法  (単著)  2006/03
■ 所属学会
1. 1976/04~ 日本国際政治学会
2. 1976/04~ 国際法学会
■ 共同研究希望テーマ
1. 上海協力機構
■ 共同研究・受託研究の実績
1. 1997/04~1999/03 大学における学問の総合性と教育方法(学内共同研究)